睡眠の悩み体験談

眠りにつくまでの時間を短くしたい

 

私は26歳・女性、昼間は会社員として働いています。私には不眠症状があり、それで少し悩んでいます。

 

子どもの頃からちょっとした物音に敏感で、時計の針の音で寝られないということもありました。小学校低学年くらいの時です。中学・高校では体力を使っていたことや、引っ越しをして自分の部屋ができ、一人で静かに寝られるようになったことからなかなか寝付けないということはなくなりました。

 

しかし、ここ5年くらいはずっと眠りが浅く、寝るまでに時間がかかるようになっています。

 

 

別件で心療内科に通っているのですが、そこでは漠然とストレスが原因だと言われました。

 

私は今の自分がストレスを感じているとは思えないのですが、強いて言うなら、心療内科に行っている原因である嘔吐や腹痛が起こったら嫌だなというストレスでしょうか。この症状のせいで満足に仕事に行けないこともあり、周りに迷惑をかけてしまっている罪悪感や、こんな自分が働いて良いのかと考えることがあります。

 

これをなくすには身体を治すしかありませんが、それができないから医者に通っているわけです。

 

 

不眠で困るのは、ベッドで横になっている時間にネガティブになり、嫌なことや不安なことばかり考えてしまうことです。

 

気付くとそんなことを繰り返し脳内再生しているので、精神的にもまずいなとは思っていますが、なかなか無心にするのも難しく、ポジティブなことを考えようとするのも無理矢理になってしまって余計ストレスになるような気がします。

 

不眠対策としては、父がやっていたという音楽を聴きながら寝るということをしています。2時間経ったら音が止まるようにセットし、リラックス効果がある音楽を小さな音で流しています。これは時計の針と違って気になりません。また、私は音フェチであることから、耳の掃除をしてもらっているような音も流します。ASMRと調べると、人間が感じる心地よいと思う音を作っている人がたくさんいるので、その中からお気に入りを使わせてもらい、リピート再生しています。

 

 

一睡もできないということはないのですが、これからはぐっすり寝られるようになったらいいなと思います。よく、言い回しで「死んだように眠る」とあるように、心地よい疲れの中で眠りにつきたいです。

 

また、寝付く前の時間がなくなればもう少し前向きに考えられると思うので、ベッドに横たわったら長くとも1時間以内に眠りに落ちるようになればと思います。

関連ページ

眠りたいのに眠れない〜サラリーマンが陥る不眠
睡眠の悩みのある人の体験談を紹介しています。
夜の仕事と生活習慣による不眠症
睡眠の悩みのある人の体験談を紹介しています。
睡眠に関して気を付けていること
睡眠の悩みのある人の体験談を紹介しています。
自分に合った不眠対策を行うことは大事
睡眠の悩みのある人の体験談を紹介しています。